背中に走る衝撃・・・続きは
こんにちは
3時間おきの授乳で
絶賛寝不足中のあざみです


前回の続き




ついに始まる無痛分娩


心臓はドキドキして
もう逃げ出したい気分




あの極太の針を刺すなんて痛くないのか?

麻酔をしたとき副作用は出ないのか?




など、直前になって
色んな事が不安になってきた




もう後戻りはできない。








先生に言われるがまま
注射を打つ体勢をとる。


まず腰をくるっと曲げて
膝を両手で抱える。

お腹が大きくて
この姿勢をとるのが難しい。








「注射しますよ~」



先生の一言のあと
まず局所麻酔の注射が背中に刺される



注射苦手だからびびりまくる





ちくーっとしたけど痛いのは一瞬











そしていよいよ
麻酔をいれるための極太注射を刺す






引き出しからおもむろにでてきた
あの光景が目に浮かぶ




あんな極太注射刺すなんて
怖い怖い怖い




怖いと思ってたら









背中にバスッと衝撃がはしる

おもわずうっと声が出て
体が反射的にビクッと動いた




どうやらあの極太が背中に刺さったようだ






局所麻酔のおかげで
痛みはほとんどなかったものの
ただただビビってた








そうこうしてる間に
極太注射は終わり
かわりに細いチューブが
背中から入れられる



終始ビビりまくったけど
思ってたよりあっけなく終わった

時間にして5~10分くらいだった





細いチューブから麻酔が入れられて
ついに無痛分娩が始まった







そんな時、陣痛に変化が…


次回に続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Twitterfacebook始めました!
最新の更新情報などをお知らせします!


↑たまにしょうもないこともつぶやきます。Twitterフォロミー‼

↑イラストや写真も公開中♪申請大歓迎です‼




ブログランキング参加中!
応援ありがとうございます!
読者登録大歓迎です♪