こんにちは!

三兄弟のオカンあざみです

登場人物紹介→コチラ☆


自分で言うのもなんですが、

仲良し夫婦の私たちです。

オトンのことは好きだし大事だと思っています


そんなオトンと先日、子どもたちの

小さい頃の写真を見ていた時のこと。



20190513
他愛もない会話
こごろうがまだ髪の毛ツルツルな

0歳児の頃の写真を見ていた。


今では暴れん坊だし言うこときかないし

毎日怒ってばかりだけど、3年前はこんなに

小さくてかわいい赤ちゃんだったんだもんね。


年子育児が大変で必死すぎて、

そのころの記憶がほとんどないオカン

ああなんてもったいないんだろう

こんなに可愛いときを覚えていないなんて


その言葉に対してオトン「俺は覚えてるで」

と答えた。そして続けざまに



201905132
……寝かしてた?
その一言を聞いた瞬間、オカンの心の中で

何かがざわめきはじめた。



201905133
パンドラの箱が開いた
あの頃、まだ1歳半で手のかかる長男と

産まれたばかりの次男をほとんど毎日

ワンオペで世話していたオカン


二人同時にギャン泣きして途方に暮れながら オトンに助けを求めるが、呑み会ばかりで

日付が変わるころに帰ってくる日々


覚えてる?家族のこともかえりみず

呑み会ばかり行ってたくせに? 


こごろうを寝かした?

夜中二人が交互に起きるから慢性的な

寝不足になってたのにアナタは一人だけ

違う部屋で寝てたじゃない。


きっとオトンがこごろうを寝かしたことも

あったのだろう。(覚えてないけど)


けどそれよりも毎日孤独で辛くて何度も

オトンに助けてほしいと願ったことの方が

多すぎてドロドロとした感情で

心が埋め尽くされた。

だけど



201905134
蓋をそっと閉める
オトンは変わった

何度もぶつかって話し合って今では

ちゃんと家族のことも考えてくれるようになった


モヤモヤを我慢するのはよくないけど過去は別

今更あのときの恨みつらみを掘り返したって

なにもならない。


それよりも今、夫婦仲良く過ごしたいし

これからもずっとそうしたい。


他愛もない会話で開きかけた

パンドラの箱の蓋をまた閉じた。


変わってくれたオトンとこれからも

歩いていく決心をしているから


だからといって辛い記憶を

忘れることはできない


きっと墓に入るまでこの気持ちは心の中に

閉じ込めているんだろう


楽しい思い出と一緒に



いつか笑い話になればいいと思う

オカンなのでした


追記‥パンドラの箱の中身についてもうちょっと詳しくかきました→コチラ

3fbf36f9-s
オトンが変わるまでの話まとめ↑


~夫の呑み会問題シリーズ~
1a46739b-s
①子供の体調不良の夜に
②約束したのに
③オカンぶちぎれ

c0c38729-s
戦力外オトンシリーズはこちら↑

9ae4d64d
覚えてないのもったいないなあ↑

t-magochiさん、みっきーさん、あきにゃん。さん、kaccoさんコメントありがとうございます!
産まれた時からずっと応援ありがとうございます、こんなに優しい子に育ちました( ;∀;)
お手伝いギャラ作戦、ぜひ試してみてください(^^♪お金の勉強にもなっていいですよ~
それにしても普段温かいお茶なんてぜんぜん飲まないのに、なぜそのチョイスなのか謎です(´・ω・`)
とても嬉しかったので笑えるオチではないけど覚えておきたくてブログにしました♪

読者読者登録が便利にリニューアル!
好きなブログの新着記事がまとめて読めるようになりました。

詳しくは→コチラ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・